×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

可愛くなんかないからねっ!

可愛くなんかないからねっ! (電撃文庫)
可愛くなんかないからねっ! (電撃文庫)瀬那 和章 シコルスキー

アスキーメディアワークス 2011-06-10
売り上げランキング : 4281


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

知らぬ間に学年のトップ3美少女に数えられているほどの美貌(?)の持ち主、文野ハルは、ある朝、校舎でウサギの人形を拾う。それはハルが幼い頃に出会った『月ウサギの君』との思い出の品。この学校に想い人がいるかもしれないと知ったハルだが、そんな中、クラスメイトの砂原さんに弱みを握られ、何故か彼女の“仕事”を手伝うことになってしまう。歌に憑いた穢れを祓う“歌祓の巫女”っていったい何?しかもハルの“可愛さ”に関わる知りたくない秘密まで知っちゃって―!?ドキドキ“未体験”ラブコメ登場!(『可愛くなんかないからねっ!』より)

感想

最初、タイトルと始めの少しだけを見て、「主人公はツンデレの男の娘か?」と思い、買って読んでみたところ、実は全く違いました。このタイトルは、男の娘である、主人公のハルが、男らしくなろうとする決意?の事だと分かりました。内容についても、読む前は、しつこいエロでゴリ押しのパターンかなと正直見くびっていたのですが、この予想はいい意味で裏切られました。実際、そのようなパターンではなく、むしろ全体を通して、とても爽やかに仕上がっています。(詳しくは後述)

まず序盤ですが、終始コント的展開で、文章の流れが良く、ダレることが無く飽きません。また、ハルの女らしさが十二分に出ていてかわいいです。

次にハルが事件に巻き込まれていく辺り。序盤とうって変わって緊張感がしっかりと出ています。砂原さんのかっこよさも見どころです。

そして終盤。各々が各々の大切のものを守ろうとして、弱さを乗り越えて決起する姿に感動しました。この作品の一番の見どころです。

物語の雰囲気も素晴らしいです。内容上、物語全体に和の雰囲気が漂っていて、とても爽やかで、時には幻想的です。

描写は、情景、心情、動作ともに良く、視点の変化のさせ方も上手いです。

ただ、誤字のように思われる箇所が多いように思いました。(単にその表現を私が知らないだけかもしれませんが(汗)。)

それでも全体的には素晴らしい作品です。今回は予想よりもはるかに良い作品に出会えて良かったです。

分析

TOPページに戻る