×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

物理の先生にあやまれっ!弐号機

物理の先生にあやまれっ! 弐号機 (物理の先生にあやまれっ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
物理の先生にあやまれっ! 弐号機 (物理の先生にあやまれっ! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)朝倉 サクヤ pun2

集英社 2011-06-24
売り上げランキング : 54056


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

世界七箇所に突如現れた謎の巨大ゴーレムAAE。そのパイロットとしての証である門章を持つ生徒が集う星立・真宮研究所附属AAE高校の初代星徒会長に就任したキューこと橋良九星は、AAEを操ることが出来ないが女子にはモテモテだ。同級生の椛、月緒、アムリネス、ナディアがキューのために副会長の座を争い、激しいバトルを繰り広げることに。高校生活は順調かに思えたがAAEを巡り先進各国が不穏な動きを見せ始める。そしてAAEの謎を知る天才科学者真宮ソフィー村本はキューに真実を打ち明けた…。(『物理の先生にあやまれっ!弐号機』より)

感想

…一言で言ってしまうと、ボロボロですね。作者には申し訳ありませんが。前作の長所を見ることが出来ず、短所が悪化している感じです。後半に至っては苦笑しかできませんでした。

まず前半。九星がハーレム状態を堪能する場面。そのような場面故に、エロ描写が若干出てきますが、前回以上にやりすぎです。そし九星のメタ発言の数々。これもちょっと出すくらいならいいのですが、明らかにその域を超えています。10年後に読む人がいたとしても通じないようなネタも使ってるし。

しかし、中盤は比較的いい内容でした。「仲間の力」を感じさせてくれました。ナディア(ベルリン)の過去にも話題が移りますが、「届かない」思いがとても感情的に描かれていて、グッときました。

ところが、後半は一転して、もう滅茶苦茶です。使い捨てキャラが出てきて、なにがしたかったんだと思っていると、あれよあれよという間にクライマックス。世界観をあっという間にひっくり返します。(この辺の手際の良さは逆に感心しましたが…)そして今作がボロボロの理由も明らかになります。最後はもうヤケクソでした(笑)。

前作の最大の長所である、「筋の通った話」を今作では全く見ることが出来ませんでした。前作を軽く読み返してみても、今作との差に驚くばかりです。

分析

TOPページに戻る