×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

犬とハサミは使いよう2

犬とハサミは使いよう2 (ファミ通文庫)
犬とハサミは使いよう2 (ファミ通文庫)更伊 俊介 鍋島 テツヒロ

エンターブレイン 2011-04-30
売り上げランキング : 5701


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

強盗に殺され犬になって蘇った俺。紆余曲折の末、今は大人気作家秋山忍こと夏野霧姫の飼い犬をやっている。ドSな夏野のハサミの強襲に怯える日々だが、本は読める、なら全く問題ない。だがそんな日常を、奇怪な変態が襲撃!って担当編集なの!?しかも夏野がスランプだって!?脱スランプのため、何故か街に出没する通り魔を退治しに行くと言い出す夏野、しかもその事件の陰に、俺の妹、春海円香の影がちらつき――。ミステリ系不条理コメディ、好評第2弾!!(『犬とハサミは使いよう2』より)

感想

今作品は、基本的には夏野と和人のコメディーですが、通り魔の謎を解き明かすという推理小説的な色も強いです。

登場人物はやたら濃い人たちばかりです。前作に加え、夏野の担当編集でドMの鈴菜や、和人の妹でヤンデレ気味の円香などが新たに登場します。作中では彼女たちの個性が十分に発揮されていて、大いに楽しむことが出来ます。

後半では、事件の結末が描かれているのはもちろんですが、「自分の周囲の人」について考えさせられます。自分の存在が自分一人で成り立っているわけではないということを実感しました。今回作者が伝えたいことの一つがこれだと思います。

しかし、推理小説みたいに状況を整理しながら話が進んでいるせいか、分かりやすい反面、前半はストーリーの流れが少し遅いような気もします。

また、最後の最後で少々不完全燃焼気味のような気もしますが、後に繋がる(かもしれない)ものだし、そうでなくてもこれはこれで有りのような気もします。

文中にはパロディー・掛詞・ジョークといったネタが詰まっており、とても面白く読み進むことができます。それに加え、情景・心情・動作共に良く描かれており、とても素晴らしい文体です。

分析

TOPページに戻る