×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

化物語(下)

化物語(下) (講談社BOX)
化物語(下) (講談社BOX)西尾 維新 VOFAN

講談社 2006-12-04
売り上げランキング : 1043


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

阿良々木暦が直面する、完全無欠の委員長・羽川翼が魅せられた「怪異」とは――!?台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANとのコンビもますます好調!西尾維新が全力で放つ、これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春を、おかしくするのはつきものだ!

感想

下巻は、「なでこスネイク」と「つばさキャット」の2話が収録されています。

文章のクオリティーは上巻と同様非常に高いです。今回も上巻と変わらないギャグのレベルです。ギャグに対するツッコミですらギャグになっている物もあり、何重にも仕掛けられたギャグがとてつもなく面白いです。

言葉の使いこなしもまた上巻通りの素晴らしさです。全く同じ言葉でも使う場面が違うだけでこんなにも感じ方が変わるのかとただ驚くばかりでした。相変わらずコントの場面とシリアスな場面のつながりが深いです。

「なでこスネイク」から感じる主題は、「平等なやさしさは危険を導くこともある」。「つばさキャット」から感じる主題は、本文を引用して、「愛は惜しみなく奪うもの―けれど。…」。メッセージ性の点から言えば上巻以上のものがあると思います。

今回のヒロインは、恥ずかしがり屋だがどこかズレている中学生・千石撫子と裏表両方楽しめる委員長・羽川翼。どちらもいい個性を出しています。

なお、「つばさキャット」は、一部ゴールデンウイークの回想が入りますが、ほんの少しで、その時の事件の全容は描かれていません。どうやらそれは、続刊の「猫物語」で描かれているようです。

また、「つばさキャット」では全ヒロインが登場します。個性的なヒロインたちが存分に活用されています。さらに、素晴らしい情景も登場します。上巻ではそのようなシーンは無かったので、「やっぱり書こうと思えば書けるのか」という感じです。

内容は文句なしですが、本の値段が高いのが玉に瑕です…。

分析

TOPページに戻る