×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

幕末魔法士Ⅲ

幕末魔法士〈3〉The eastern beast (電撃文庫)
幕末魔法士〈3〉The eastern beast (電撃文庫)田名部 宗司 椋本 夏夜

アスキーメディアワークス 2011-08-10
売り上げランキング : 17673


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

伊織と冬馬は、天下に混迷をもたらしている偽の桂小五郎が、倒幕の戦を起こして失敗し、幕軍の包囲下にある天誅組の本陣に出没していると知る。そこで二人は、暴挙に加わった土佐郷土を説き伏せ、海軍塾へ引き込もうと企む坂本龍馬と共に、小五郎の偽者を捕らえるべく、山深い吉野へと向かった。幕末を翔る男装の少女。その行く手に異しき呪士と凶悪な獣が現れる……。魔導の力が天地を揺るがし、無垢なる魂を外道へと堕とす。坂本龍馬もついに登場!第16回電撃小説大賞<大賞>受賞の幕末ファンタジー、第3弾!(『幕末魔法士Ⅲ』より)

感想

ユニークな幕末ファンタジーの第三巻です。今回はかの有名な坂本龍馬も登場します。

前回より若干コメディー要素が増えたような気がしたし、人間関係も前回より複雑ではない為、前作より楽に読むことが出来ました。

今回は、新登場の法鷲や龍馬の活躍(コントも含む)も見どころですが、それに加えて伊織が新技を使うなど、前作に比べて伊織が活躍します。しかもそれだけでなく、あることをきっかけに、冬馬との関係もより深いものに。色々と見どころが多い話です。

そして今回は、戦場をぶっ壊して派手に戦います。このようにバトル要素も充実しており、楽しむことが出来ます。

また、これは良いのか悪いのか分かりませんが、相変わらず微グロで、しかも描写がやたら生々しいです。苦手な方は注意が必要です。しかし、別の視点からすると、筆者の描写の技量が発揮されていると見ることも出来ます。

描写について。情景は歴史物に相応しく風流に描かれています。動作も、位置関係も含めて分かりやすく、バトル要素が生きています。

挿絵も素晴らしいです。細やかな線使いで人物の微妙な感情を表現しきっています。感情表現という面では最高レベルの絵かと思われます。ラノベにもってこいの絵です。

内容は一応切りのいい所で終わっていますが、一件落着はしていません。むしろこれからが本番といった感じです。

分析

TOPページに戻る