×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない

僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない (ガガガ文庫)
僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない (ガガガ文庫)豊田 巧 松山 せいじ

小学館 2011-11-18
売り上げランキング : 142317


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

平凡な高校生活を送る栗原駿が唯一こだわりを持っているのは、旅行先でおいしいものを食べること。夏休みは信州を巡って地元の食を堪能することに決めたが、長野新幹線で最初に下車した軽井沢駅で二人の美少女、北見美優・宮田くれあと出会うハプニング。さらにこの二人、相当、鉄道に詳しい「鉄子」なご様子。駿は謎めいた会話や、初めて耳にするアプト式やEF63形電気機関車の説明で鉄子ワールドに翻弄され始める!人生初体験の鉄オタ女子との旅は果たしてどんな事態に!?鉄道の魅力満載の青春トラベル小説誕生!(『僕は君たちほどうまく時刻表をめくれない』より)

感想

鉄道×美少女のユニークな話です。またはコアな話とも言えるかもしれません。しかし、鉄オタでなくとも楽しめる話だと思います。

基本的には前半は主人公の栗原駿が「鉄子」の北見美優と宮田くれあに振り回され、嫌々ながらも鉄道に詳しくなっていき、なおかつ不思議な充足感を覚えるという感じです。流石に旅の話というだけあって、作中の情景は心惹かれる物ばかりです。いかにも「夏の旅」という感じで、読んでいて旅に行きたくなってしまいました。

後半は道中出会った白糠由佳に関する問題に団結して取り組むといった流れです。鉄子ならではの解決策で、かっこよさが光る場面でもあります。また、宮田さんの新たな一面も見ることが出来ます。

このようにストーリーは悪くないのですが、話の進行方法に問題があります。というのも、美優が「あぁ、体験運転だっ!」と言っているにも拘らず駿がそうだと分かるのが、電車が動くのを見てからで、読者としては「お前は何を聞いているんだ(笑)」と突っ込みたくなったりします。話の特性上、美優の言うことを駿が遅れて理解すると言ったような展開が多いのですが、「さすがに分かるだろ(笑)」と思う場面もあります。

全てではありませんが、ある程度展開が読めてしまうのも少し残念です。もう一ひねり欲しい感じです。ゆえに、読者はこの先起こることを分かっていても、例によって主人公たる駿自身は、思い込みの激しさも手伝って全然予測出来ていません。このズレが読者が物語に入り込むのを妨げている気がします。

あと、伏線らしきものが回収されていない気がします。続刊が出て回収されればスッキリするのですが。

挿絵は素晴らしいと思います。キャラもかわいいし、風景も写真を変換したのでは?と思えるような精緻ぶりです。ただ本当に惜しいのが、美優と宮田さんが似すぎていることです…。双子の設定とかをたくらんでいるのか?と思ってしまいます。

色々と細かい問題はありましたが、やはり一番思うのは「旅に行きたくなるなぁー」ということです。基準に合わせて点数評価すると低めの点数になりますが、割と好きな作品です。

分析

TOPページに戻る