×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

傾物語

傾物語 (講談社BOX)
傾物語 (講談社BOX)西尾 維新 VOFAN

講談社 2010-12-25
売り上げランキング : 231


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

“変わらないものなどないというのなら――運命にも変わってもらうとしよう”迷子の小学生・八九寺真宵。阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは――!?<物語>史上最強の二人組が“運命”という名の戦場に挑む!これぞ現代の怪異!怪異!怪異!君の影、探してまよう帰り道。(『傾物語』より)

感想

今回は、八九寺をめぐる冒険…なのですが、実際は暦と忍のイチャつきがメインとなっています。あらすじの「<物語>史上最強の二人組」は暦と八九寺ではなく暦と忍のことです。シリーズ恒例の掛け合いでは暦と八九寺のコンビが最強であるとは思いますが、今回の二人は違う観点から、もっと直截的な意味で「最強」だという意味です。

語り部は再び暦に戻り、変態行為・発言満載の面白い話にも拘らず、考えさせることをしっかりと盛り込んでいるところが流石だと思います。具体的には運命や現実とどう向き合っていくかとか。意外な人物も出てきて(?)話を盛り上げてくれます。

今回は時間等の移動も絡んでくるためか、話に壮大な印象を感じました。暦と忍のふたりきりで冒険する姿もファンタジー的ないい雰囲気を出しています。

あとがきによると、次作の「花物語」と話が繋がるようです。確かに「猫物語(白)」以来回収されないままの伏線もあるので、楽しみです。

分析

TOPページに戻る