×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)谷川 流 いとう のいぢ

角川書店 2003-06
売り上げランキング : 1513


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」。入学早々、ぶっ飛んだ挨拶をかましてくれた涼宮ハルヒ。そんなSF小説じゃあるまいし…と誰でも思うよな。俺も思ったよ。だけどハルヒは心の底から真剣だったんだ。それに気づいたときには俺の日常は、もうすでに超常になっていた―。第8回スニーカー大賞<大賞>受賞作、ビミョーに非日常系学園ストーリー!(『涼宮ハルヒの憂鬱』より)

感想

私が初めて読んだ思い出深い作品です。主人公のキョンの周りに特殊能力を持った人たちが集まり、様々なことをするという物語です。日常と非日常は紙一重、そして日常と世界崩壊は紙一重という不安定な世界観がたまりません。

次に読みどころですが、まず1つ目としては、ハルヒの熱意にあふれ、なおかつ純粋な探究心です。これは、私達が忘れかけていた「夢見ること」を思い出させてくれます。2つ目は、前者と対極的な、ハルヒが時折見せる、か弱い姿です。思い通りにならないもどかしさがしみじみと伝わってきます。

文章の特徴は、キョンが回想するという形の一人称型の文であることですが、なんせ話し言葉であるため、とてもユーモアに富み、テンポも非常に良いため、読んでいて非常に気持ちいいです。そして、一人称型の文の特徴ゆえ、ハルヒの考えていることが分からないことが最大のポイントだと思います。ハルヒが何考えているか分からないからこの作品はおもしろいのだと思います。さらに語彙力については脱帽の域(ゆえに難しい表現もあるが)。何を読んだらいいのかわからない人はまず読むべきです。

分析

TOPページに戻る