×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

分析!!ライトノベル~ラノベ旧刊から新刊まで~

花物語

花物語 (講談社BOX)
花物語 (講談社BOX)西尾 維新 VOFAN

講談社 2011-03-30
売り上げランキング : 657


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

あらすじ

“薬になれなきゃ毒になれ。でなきゃあんたはただの水だ”阿良々木暦の卒業後、高校三年生に進級した神原駿河。直江津高校にひとり残された彼女の耳に届いたのは、“願いを必ず叶えてくれる『悪魔様』”の噂だった……。<物語>は、少しずつ深みへと堕ちていく――これぞ現代の怪異!怪異!怪異!君を知り、解きはなつための物語。(『花物語』より)

感想

今回は神原とそれに関わる人々の話です。語り部が暦でなく神原であるためか、結構真面目に話が進んでいき、ギャグパートは少ないです。そのためか、あるいは人物の違いのためか、猫物語(白)の時と同様に若干ダークな雰囲気が漂っています。

前作あとがきの予告に反して、今回は前作とはあまり関係が無い話です。時系列は前作からかなり飛んで、暦たちの卒業後となっています。人間関係や設定の変化が、寂しくもあり新鮮でもあります。

前半は、ギャグパートが少ないためか、理屈っぽい場面が長く続き、こじつけで言いくるめられている感じがしました。内容が内容だけに、真剣に考えると結構難しいです。

それに対し、終盤は驚くような展開や、哀しさと熱さを織り交ぜた勝負といった見どころを楽しむことができます。

今回のテーマはまず1つ目に、「悩みの解決」があると思います。色々と目から鱗でした。若干無理のある点もあるように思いますが、新たな発見があったのは事実です。

2つ目に、「他人から見た自分、その他さまざまな人間関係の見方」がテーマのように思われます。その影響か、読んでいて自分の視野が広がるような感じを受けました。

既存の人物というよりは、今まで登場しなかった神原の友人方面の人物が活躍します。はたして彼女たちは再び登場するのか、それとも使い捨てなのか…。

分析

TOPページに戻る